高い実績を誇る老舗消臭剤メーカーがお届けする高機能アイテムの直販サイト

logo

card_giftcard送料無料3,000円以上のお買上で送料無料
【期間限定】リニューアルオープン記念!今なら送料無料!!

皆さんこんにちは。MUSHUGENオンラインショップ担当のむっぴーです。

以前の知恵袋コーナーで汗の原因とニオイ対策術を紹介しました。しかし、汗対策をしっかりしてもなんだかニオイが気になる…

それはもしかしたら衣類にニオイが残ってしまっているからかもしれません!今回は衣類に残ってしまったニオイの取り方についてご質問いただきましたので今回はそちらについてお話したいと思います。

どうして衣類のニオイが気になるのか?

以前の記事で汗が臭う原因は汚れを細菌が分解するため、と解説しました。これは衣類でも同じで、汗や皮脂汚れが付いたままの衣類はしばらく時間が経つと細菌が増殖し、ニオイが発生します。この時発生するのがアンモニアや酢酸、イソ吉草酸(いそきっそうさん)といった物質なのです。(汗臭や足臭の原因物質です)

この衣類に付いてしまったニオイを取り除くにはニオイの原因となる汗や皮脂などの汚れを洗濯で綺麗にしてあげることが大切です。また、汗や皮脂などの汚れは衣類の黄ばみの原因でもあるのでしっかり落としたいですね。

衣類は大丈夫でもマスクの中にニオイが籠ってるのかも…!

今や毎日使う様になったマスク。布マスクを洗って使いまわしている方も多くいらっしゃると思います。しかし、何度も使っているとニオイが気になってくるものです。もしかしたら気にしていたニオイはマスクのニオイかもしれません。特に鼻に密着するので気になるんです!

鼻をはじめ顔は体の中でも皮脂が出やすい部分なのでマスクは汚れが付きやすいのです。他にも食事の際の食べかすなども付着しやすいですしね。

ニオイが気になる時におススメの洗濯術を紹介しますので参考にしてみてください。

洗濯時のポイント

ニオイが残ってしまった衣類には酸素系漂白剤でつけ置き洗いです!染みついた汗や皮脂などの汚れを分解してくれます。汚れを分解する力は塩素系漂白剤の方が強いのですが、塩素系は脱色にも使われる成分ですので、色柄が付いた衣類には使えません。

つけ置き洗いのやり方は、衣類がつかる程度の水(できれば30~40℃ぐらいのぬるま湯)に酸素系漂白剤を入れて30分程度置いておきます。その後、いつものように洗濯機で洗濯し、干してください。衣類に残っていたニオイが落ちているはずです!

それでも落ちない頑固なニオイには熱湯を

ニオイの原因は細菌によるものです。細菌はに弱い性質ですので熱湯をかけることでニオイの原因となる細菌を減らすことが出来ます。この際、衣類によっては熱がダメな生地もありますので、洗濯表示をしっかりと確認してくださいね。その後、いつものように洗濯機で洗濯し、干してください。

干し方も大事なポイント

細菌は水分があると増えます。ですので生乾きの状態で時間が経つとニオイの原因となります。洗濯が終わったら直ぐに干しましょう!天気が悪く、外に干せない時は風通しの良い場所に干しましょう。窓を開けたり、換気扇を回したりして風の流れを作るのがポイントです。乾燥機があればベストですが、なかなか難しい場合は扇風機の風を当てるだけでも違いますよ!

急ぎの場合はアイロンをかけたり、ドライヤーをあてるという方法もあります。

洗濯機も綺麗にしておこう

洗濯機の中はカビが生えたり、汚れが残っていたりすることがあり、これが衣類のニオイの原因となっている場合があります。最近の洗濯機は洗浄モードがあったり、専用の洗剤が販売されていたりするので定期的に洗浄し、綺麗にしておきましょう!ダストネットもこまめに掃除した方がいいですよ!

ニオイ対策におススメの無臭元マスクは速乾性もバツグン

当ショップで好評販売中の無臭元マスクは消臭力と速乾性に優れた生地を使っていますのでニオイの付きにくさはもちろん、直ぐに乾くのでニオイの原因となる生乾きも対策出来ます。部屋干しでもしっかり乾きますよ!よろしければぜひお試しくださいね。

それでは今日はここまで~

MUSHUGENオンラインショップ むっぴー

更新情報は公式SNSで発信していますので是非フォローお願いします!